スポンサーリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実質0円と一括0円の違いを説明

実質0円と一括0円の違いを説明

実質0円という言葉を最近よく耳にしませんか?

スポンサーリンク


この実施0円というのは端末代金実質0円で通信費や基本料金は頂きますという意味です。

結局通信費はまともに払ってもらいますよ!という意味ですが、通信費毎月約6000円に基本料金が約数千円ということは書いていません。

いわゆる本体代金実質0円ということしか書いていません。

毎月の維持費がかかるというキャリアにとって美味しい部分が割愛されて、こう書いたら売れるだろうという部分だけをピックアップして書いてあるのです。

正直なところこれだけであれば詐欺です。

そう!キャリアは詐欺的な書き方をして後から通信費を搾取します。

この前ある店に行った時、そとにある看板に実質0円ですって書いてあったので、実質0円の端末くださいといいました。

色々説明がありましたが、結局明日解約しても0円ですよね?といったところ、2年間契約して云々かんぬんと・・・書いてありませんでしたよ?と言っても聞く耳持ちません。

消費者庁に訴えてやる!言って帰ってきましたが・・・

結局のところ実質0円というのは通信費はまともに支払う必要があるわけです。

その点一括0円というのは端末代金は本当に0円でOKという意味で、明日解約したところで端末代金を別途請求されることはありません。

非常にありがたい契約です。

ということで実質0円と一括0円の違いは契約日の翌日に解約して端末代金の請求がくるのが、実質0円で請求がこないのが一括0円というふうに覚えておきましょう。

スポンサーリンク
関連記事
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードサイト
スポンサーサイト


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。