スポンサーリンク


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後はMVNOとドコモやauなどとの低価格合戦に移行する可能性が大

今後はMVNOとドコモやauなどとの低価格合戦に移行する可能性が大

MVNOという言葉は聞いたことあると思う人が多いでしょう。

スポンサーリンク


データ通信のみなら毎月1000円程度でデータ通信を楽しめるSIMを発売している会社です。

このMVNOというのは基本的にはドコモの回線を使ったサービスですので、ドコモのスマホを使った場合はまず間違いなく通信が可能になります。

後最近流行りのSIMフリーの機種を使うと当然ながら使えるわけですね。

現在MVNOは2年間仮に同じSIMをSIMフリーモデルの携帯で使い続けた場合を試算すると約3万円の本体代金に契約する時の契約金が3000円と1000円☓24回と考えると2年間の維持費は約6万円ほどです。

そこに通話を付けたとしても2年間で8万円ほどで収まってしまいます。

現在ドコモはカケホーダイプランがスマホの場合必須となっておりますので、ざっくりですが、8000円ほど維持費がかかります。

1年で96000円となるわけですね。

そこまで高額な維持費っておかしくないでしょうか?

毎年10万ほど携帯会社に搾取されるわけです。

かなりおかしいと思ったほうがいいですよね・・・

一人暮らしの人なら電気代より高くないですか?

それくらい高いわけですね。

それをさすがに0にするわけにはいきませんが、生活が苦しいと感じて削減出来ると考えた人ならMVNOにシフトしていくことは間違いありません。

となるとこのままではかなり問題なのです。

今後は通信費が下がり、現在の販売モデルが崩れていくことが予想されます。

そしていいのか悪いのか、通信費が下がるかわりに、本体MNP一括0円というものもどんどん減っていくでしょう。

これからもう少し頑張って欲しいところですよね

スポンサーリンク

関連記事
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
スポンサードサイト
スポンサーサイト


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。